前へ
次へ

求人票には年齢制限が書かれていないが

現在では、法律が改正されていて、求人する際に年齢制限をすることが禁止されています。
これは年齢による差別を廃止して機会を均等にする目的でしたことですが。
そのせいでミスマッチが発生しています。
企業が若い人を募集しているなら、書類選考の際に落とされてしまいます。
年齢を理由にして落とされる行為は相変わらず続いています。
表向きは年齢制限を出せないので、落とす際も年齢以外のことを口実にします。
会社の風土に合わないとか、能力不足だと言うこともあります。
そのために本当のことがわからなくなります。
連続して不合格が続くなら、応募する勇気もなくなってしまいます。
そのうち働く意欲もなくなってしまいます。
高齢者の就職難は、相変わらず続いています。
どこに入ればいいかわからずに迷う人が続出しています。
応募する人にしても、自分が入れそうな会社を選択することができなくなります。
それを考えたら、求人票に65歳以上の高齢者の再雇用を歓迎するような文言を書くことは認めた方がやりやすくなります。
そうすることで、応募者が選びやすくなります。

Page Top